Hm アトリエ - インテリアデザインオフィス
my blog

モデルルームのカラースキーム

前回ブログでご紹介させていただいたモデルルームのカラースキームについて、ご覧いただこうと思います。
狙いは、さりげなく素朴でありながらも上質で、贅沢感を味わうことができるワンランク上の豊かな空間の為の
カラースキームです。
 
スモークされた様な味わいと透明感を併せ持つ、上質なウォールナットをベースに、自然感・素材感を感じる穏やかなベース作り。
インテリアカラーは、ベージュグラデーションをベースに、ブルー・グリーンをアクセントカラーに。
 
天然の麻素材のファブリックは、上質なナチュラル感を作り出します。空間に爽やかな上質感が生まれるのが不思議・・・、本物の持つ力は違いますね。
 
 
アクセントクロスは「ELITIS(仏)」。モダンで個性的なブランドの一つです。大柄ストライプのファブリックは「KINNASAND(独)」。麻素材でありながら柔らかな風合いは、何ともいえず優しく上品な質感が魅力です。ほんのり淡いピンクとグレー・シルバーの色使いが絶妙なデザインバランスのファブリックです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「マナトレーディング」の麻素材のカーテンに、マグネット式のタッセルをアクセントに。タッセルづかいはある意味マストアイテムとも言えますね。ソファ等椅子張り地も勿論素材感あるファブリックを採用しています。壁の表情は、空間の雰囲気を決める大切な要素。LDの大きな壁面にイタリアの石の表情を設えました。細めのボーダータイルはエントランスのフォーカルポイントに。凹凸感あるその表情は、間接照明の光のデザインと共に、印象深い空間演出のマテリアルとなりました。
¦2013-02-24 21.18.25 - 2