Hm アトリエ - インテリアデザインオフィス
my blog

注連飾り(shimekazari)

???あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 

ここ数年、しめ縄をしっかりと玄関先に飾リ、お正月を迎える様にしています。
できるだけモダンにデザインされたしめ縄を…と思い、
見つけて気に入っていたのが、白くてシンプルなしめ縄。
(写真下)
 
'これしかない!'ぐらいの想いで数年間の定番になっていましたが・・・、
 
昨年暮れに店頭で迷った挙句、2014年はなんだかちょっと派手目に、別のデザインにしてみました(写真左)。
アベノミクスの空気!?
赤とゴールドが入って、我が家的にはこれでもかなり派手目のデザイン。
 
なんでも「しめ縄」には、神様が着てくださる為の目印になる役目があるとか・・・!?、ある雑誌の記事に書かれているのを目にし、少し目立つくらいでちょうど良かったかな~と
勝手に納得する思いです。
 
?????2011.01何でも意味があるもの。『しめ縄』について、少しイ調べ てみました。本来は次の様な意味合いがあるようです。
 
 『注連縄(shimenawa)』:新道における新祭具で、糸の地の  
       
象形を成す紙垂(しで)をつけた縄。
神社神道で「社(やしろ)」・神域と現世を隔てる結界の役割を持つもの。
(神社の鳥居等に飾られているようです)
 
        
『注連飾り(shimekazari)』:各家庭が正月に迎える年紙を
祀るための依り代とするもの。
 
形状は、神社等で飾られる注連縄の小型版に装飾を加えた物が多いが、注連縄を輪型に結わえた「輪飾り」「輪締」
など、地域によっても様々形状があるようです。
 






近年では様々な形状のしめ縄が考案・発売され、現代的なアレンジが進んで大胆にデザインされたものも見られ、洋風建築に合うしめ飾りとして、人気を集めている様です。
特に輪型の物は、クリスマスリースをアレンジしたもの等もあるようですね。

伝統工芸品がデザイナーとのコラボレーションで新たな形 に再生し見直され、新たな価値を見出されている動きに通じるものを感じます。
 
私自身、「このデザインだったら飾ってもいいな~」と、感覚的に手にとって飾り始めた「しめ飾り」ですが、
昔ながらの物・事を、現代風ライフスタイルの中でアレンジしながら大切にしていく事、季節の行事や習わしを楽しみながらトライしてみると、心も豊かになる思いがします。
 
今年一年、皆様にとって、そして私自身にとっても充実した良い年になりますように。